everyday trip / trico!

Everyday trip

2008/9/6
Flyrec

trico!名義の2ndアルバム。前作「Love home」のドアを開け、飛び出し、聴こえてきたもの。近所の散歩から、遠い異国の地までの旅の記録です。ドイツのプリペアドピアノ奏者のHauschkaを始め、ガンジー西垣(CINEMA dub MONKS)Keiichi Sugimoto(Filfla、fourcolor)、Cinq、山口とも、石井マサユキ(TICA)、船戸博史(ふちがみとふなと)、オオニシユウスケと多彩なゲストを迎えています。視聴はこちらからどうぞ。

+++++

trico! takes us wandering in the rain, into a meadow full of flowers.” Everyday trip ” is everything that you fell every day; carefree, melancholy, sleepy, vibrant… Rie Yoshihara is an acccomplished musician and artist who draws us into her world of colorful sound.

trico!は私たちをさまよわせる。雨の中や、花いっぱいの草原へと。「Everyday trip」は楽しくて、優しくて、もの憂げで、刺激的な…あなたが日々感じることのすべて…。良原リエはわたしたちをカラフルな音の世界へと導いてくれる成熟したミュージシャンであり、アーティストだ。

taylor deupree / 12k

遠くにつながる音楽
ここにはもうない、でも、とてもよく知っているもの。良原さんは、そういうものをていねいにトレースして音楽を作る。それは、生きてきたことを確かめることに似ている。自分はどこからやってきたのか。そのとても遠いところへの細い道すじを、ひとつひとつの音を拾いあつめてたどってゆく。風の音、鳥の声、猫の足音、雨が土に吸い込まれる。録音された子どもの頃の声を聴いたような、胸がきやきやする感覚。trico!の音楽は、その遠いところはじつはとても身近にあると教えてくれる。そして音楽とは本来きっとそういうものだったのだ。

編集者 / アノニマ・スタジオ主宰 / 丹治史彦

これは、耳で聴く景色。一粒の音に彩られていく旅の記録。最近私はこの音楽とどこに行くにも一緒なのです。繰り返しの中にある、小さな変化を一緒に発見していく感じなんです。日常を、丁寧に丁寧に愛することができる… そんな瞳を持った彼女だからこそ、このような作品が生まれたのだと思います。ささ、みなさん。このCDのパッケージを空けて、香ってくる音を、思う存分お楽しみ下さい。

永山マキ / モダーン今夜

trico!の音楽は、目覚めの音楽。早朝の、まだ誰にも汚されていない空気のように、透明で静か。大きな変化が起こる前の、無意識のゆらぎのように、繊細で情熱的。朝露の光る畑でもぎたての野菜をかじるような、ぜいたくな気持ちで私は彼女のニューアルバムを聴いています。

朝日美穂

リエさんの音は、ご飯が美味しく食べられる音です。食卓のテーブルクロスやカトラリー、原色の野菜やスープなんかを思い出す。正真正銘、てづくりの。様々な楽器が発する空気の音と温かい旋律。様々な人々の心をリエさんが音符にしてくれる。今、そしてこれからも、、人の暮らしにはこういう音楽が必要だと思う。

Quinka, with a Yawn

Love home / trico!

Love home

2005/5/5
Flyrec

trico!名義の1stアルバム。大好きな古い一軒家で録りためた、愛おしい日常の記録です。ゲストミュージシャンにCinq、Joseph Nothing、オオニシユウスケを迎え、ゆっくり、のんじり、じっくり作りました。視聴はこちらからどうぞ。

+++++

良原リエは自分の音楽を奏でながら、気がつくと音符と音符の隙き間で、料理の音や表で遊ぶ子供達の声に耳を傾けていたりする。彼女が耳を傾けるのは、ありふれた日々の暮らしの中に潜む、そんな美しい響き。彼女はとても静かに演奏してくれるから、ぼくらもその響きを聞き取ることができるんだよ!!

trico!の「Love home」はたったひとりで瞑想に耽っているかのようなアルバムだが、不協和音のアコーディオンのドローン、どこまでも抑えられたビート、やさしく繰り返されるピアノの調べ、そしてそっと囁くような歌声で作り上げられるフィールドレコーディングによるこの個人的な作品からは一軒の家がはっきりと浮かび上がってくる。良原リエの家には、いつも目に見えないたくさんの来客がいて、彼らと一緒に彼女は素敵な音を生み出している。

ダニエル・リトルトン / ida

初めて彼女の音楽に触れた時の事を思い出します。まるでアコーディオンが生き物のように息吹をしてる様まで聞き取れる、とても力強く、それでいて繊細で美しい楽曲に圧倒され、同時に抱きしめたくなるほどのカワイイ雰囲気が漂う、どこの国のものでもない音楽に夢中になっていました。彼女の世界に触れた皆さんも間違いなくそういう体験をされるでしょう。

joseph nothing

歌も生楽器もエディットされた電子音も、ともすると散らばっちゃいそうなのに、ちゃんとリエさんの「好き」で束ねられていて、やっぱりリエさんの音になってるんですよね。好きな本を読んだり、おいしい料理を作ったり。たまには奮発して、いつもよりちょっといいお茶をいれてみたりもする。このアルバムにはそんな等身大で穏やかで素敵な暮らしの空気が詰まっています。

cinq

outflow / small color

outflow

2005/3/20
SAMURAI RECORDS

ギタリスト、オオニシユウスケとのユニット、small colorの1stアルバム。フィールドレコーディングを取り入れたあたたかみのある世界に、ギター、アコーディオン、シロフォン、オルガンなどのアコースティックな音ががいくつも重なりあってできた、しなやかなローファイサウンド。ゆっくりじわじわ染み渡ります。アナログレコーディングの穏やかな世界を楽しんでもらえたらと思います。